洗顔料を変えただけで劇的な変化があった

MENU

洗顔料を変えただけで劇的な変化があった

社会人になってからというもの、フェイスラインにめちゃくちゃニキビができるようになりました。いわゆる大人ニキビという症状で、これを鏡で見る度にテンションガタ落ち状態に陥ってしまいます。

 

もちろん、自分なりに食生活を改善したり、睡眠をしっかりとったり、運動を取り入れてみたりと、試行錯誤しているのですが、どうも変化がありません。そんなときに、友人がとある洗顔料を勧めてくれたのですが、これがかなりの効果を発揮しているんですよね。

 

あれほどおびただしい量の大人ニキビが、その洗顔料に変えたところ、わずか1か月足らずでほとんどが消失しました。正直言ってここまで効果があるとは思ってもみなかったので、信じられない(うれしい)気持ちで一杯です。

 

本当に良い洗顔料とは

先日、田口ランディさんのエッセイを読んでいて、本当に良い洗顔料についての記載がありました。田口さんが知人の皮膚科医に聞いたところによると、たいていの洗顔料や化粧品に入っている界面活性剤は肌に悪いそうです。つまり、その皮膚科医いわくほとんどの洗顔料や化粧品は肌にとって良くないとのこと。

 

じゃあ、どんな洗顔が良いの、と田口さんが聞いたところ、固形で一切の添加物が入っていない、透明の洗顔せっけんが良いらしいです。そして、田口さんはその人から後日、その石鹸をもらったそうですが、本当に透明度の高い石鹸だったと書いてありました。

 

私もそんな洗顔料を探しているのですが、なかなか見つかりません。とりあえず、界面活性剤不使用のものを今使用しています。泡立ちがイマイチですが、肌にはたしかに良さそうです。